トップ大会・打ち上げ会の予定全国大会 > 競技種目

競技種目


 大会は、新規則にて実施します。
 ただし、1年間2大会(第33回、第34回大会)まで旧規則のままでもを参加可能ですが、賞典外の参加となります。
 必ず新規則での参加をお願いいたします。
 パラシュート滞空時間競技、高度競技のボディー直径(外径)は、25mm以上(新競技規則)です。アルファーVのボディー直径は24mmであるため、改定以後の競技規則に適合するように改造しなければ賞典の対象の参加とはなりません。


(注) 赤文字は、第34回全国大会(2019年 5月開催予定)から適用します。           


パラシュート
滞空時間
シパラシュート
定点着地
高  度
全  長 ・200mm以上 ・制限なし ・250mm以上
ボディー直径
 (外 径)
・25mm以上
 全長の50%以上が25mm以上であること。
24mm以上 ・25mm以上
 全長の50%以上が25
mm以上であること。
重  量
(エンジンを
除く)
・制限なし ・80g以下 ・制限なし
リカバリー
システム
(※1)パラシュート (※1)パラシュート ・(※1)パラシュート
(※2)ストリーマー
使用エンジン
1/2A6−2
最低地上高 概ね 40m 概ね 40m 概ね 30m
その他
・アルファーVでも出場ができます。
・発射台を中心に直径20mの円内に着地したロケットを測定し、中心点に近い3機を表彰します。

(※1)パラシュートのサイズ 直径150mm以上
(※2)ストリーマーのサイズ 幅25mm以上 縦横比10:1、ストリーマーはショックコードに取り付けること。
(※3)今回の改定で、パラシュート定点着地競技は、アルファーVでも出場が可能です。また、第34回全国大会に限りアルファーVでパラシュート滞空時間競技と高度競技にも出場は可能ですが、打ち上げた成績は参考記録にとどめます。(賞典の対象にはなりません。)また、逆にパラシュート滞空時間競技や高度競技で打ち上げるモデルロケットでパラシュート定点着地競技に出場することは可能です。
(※4)モデルロケットは、選手自身が作成したモデルロケットであることが必要です。また、選手のひとり一人が少なくとも1機以上のモデルロケットを持参しなければなりません。(1機または2機のモデルロケットをチーム内の選手で共有し、使い回すことはできません。これは、打ち上げはゼッケン番号順ですが、同一チーム内の選手は、ゼッケン番号は連続しています。)

前のページへ

次のページへ